SAS「エージェンシー・サポート」について

『SAS(スマート アド セールス)』は 、2020年2月より旧ASS(アドバンス スポット セールス)から名称変更し、また日本テレビ以外にも、テレビ東京、フジテレビ、TBSの3局が新たに参加して再スタートをしました。従来の番組提供やスポットCMに続く、テレビCMバイイングの「第三の選択肢」として2020年とても注目を浴びています。

>>SASの詳細はこちらから

 

デジタルインテリジェンスでは、広告主様向けのSASの提供サービスに加え、エージェンシー様向けの「サポート・プラン」もご用意しております。ご契約プランはいくつかパターンがございますので、ぜひご検討ください。

  • プランニング+バイイング・サポート(DIでSASをバイイング)

DI.でSASのプランニングを行い、「枠ファインダ*」を通じてSASのバイイングを行います。

SASのメディア費用支払いは放送日前支払い(月締め)となりますので、メディア支払い期限日の5営業日前のお支払いが条件となります。

 

  • プランニング・サポート(エージェンシー側でSASをバイイング)

DI.でSASのプランニングを行い、プランをエージェンシーアカウントに共有します。

SASバイイング用の枠ファインダIDと取引口座が各テレビ局にあることが条件となります。

 

*枠ファインダ:ビデオリサーチ社が提供するSASのプランニングや枠購入に使用する専用ツール

 


 

<サポート・フィー> ご契約形態はいずれかとなります。

  1. プランニング・フィー(プラン毎)+メディア・マージンから指定乗率の手数料
  2. コンサル・フィー(月額固定)+メディア・マージンから指定乗率の手数料

*各フィー、指定乗率は別途お問い合わせください。

 

<SAS勉強会の実施とフィー> *エージェンシー・サポートのご検討にご活用ください。

時間:1時間30分〜2時間

費用:20万円(税別)

場所:DI.内会議室で実施

  • SAS概要説明(まずはSASを最初からご説明します)
  • SAS運用画面(枠ファインダ)を操作しながらプランニング実例
  • 指定デモグラによる含有効率「good枠」一覧リスト提供(DI.オリジナル)
  • その他、テレビCM「視聴質」の活用アドバイス(指定CM素材を分析例など)

 

SASのエージェンシー・サポートのお問い合わせ

info@di-d.jp