『MAD MANレポート Vol.66』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2020年5月)●忘れてはいけない経済の第二波(1)米国の失業申請数と破産可能性の企業群 ●忘れ去られた経済の第二波(2)すでにデフォルトを起こしている国々とジブンとの関係の考え方 ●TV業界から察する、短期の出稿特需と長期の制作未来 (1) CM出稿特需を予期していた米国テレビ局の先行投資 (2)米企業「The Trading Desk」が見せる新DSPのうまさ (3)先の見えぬ映像制作現場の復活とは。「以前」に戻す事か「未踏」に踏み出す事か

『MAD MANレポート Vol.65』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2020年4月)●旧来の概念である都心のオフィスは一旦精算に踏み切れるか コラム:ニューヨーク在住の筆者から ~未来へ過去への正直な気持ち~ ●「One World Together at Home」の協賛企業に気づく傾向 ●「動画ビジネス」の経済動向① AT&TのCEO辞任とサブスクライバーの急激減少 ●「動画ビジネス」の経済動向② Netflixのサブスクライバーの伸びと、目に見えぬ未来のコスト上昇

『MAD MANレポート Vol.63』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2020年2月)●WalmartのDNVBトライ&エラーの裏の仕込み ●ポスト「サードパーティCookie」で何がどうなる。MAD MAN流の解釈 ●Alphabet発表のYouTubeの「売上高」<コンテンツ事業の収益未来> ●「広告」という収益構造が1本のFacebook ●Amazon「広告」事業は広告収入にあらず ●「映像コンテンツ」を立ち上げ収益化させる事業柱とは(永遠の課題) ●NetflixのP/L未計上のコンテンツ投資とキャッシュフロー ●テレビ局コングロマリットViacom/CBS局の収益構造は ●メディア・コングロマリットComcast/NBCUの経営は好調か ●参考:日本のテレビ局の収益構造と成長度合い

『MAD MANレポート Vol.62』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2020年1月)●再考:法規制と収益よりも胸に手を当てる事が優先できるか ●ひとりの個人に立ち戻って便利と不便を体感してみる実験 自分のスマホから位置情報をシャットアウトしてみる ●CESの壇上で行われた「プライバシー」についてのディスカッションと行間 ●日本のインターネット広告費は伸びているか ●「Google-Cookieショック」は単なるイントロ Chromeでの 3rd Party Cookie の廃止が意味するものとその次にあるもの

『MAD MANレポート Vol.61』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2019年12月)●Appleも「社内向け」で医療改善実験プロジェクト ●日本の移動店舗「とくし丸」はAmazon/Walmartを越えたグローバルに依存しないOne-to-One新ビジネスモデル ●ファーストパーティ・データがダーク・データに? ●「オルタナ・データ」は代替(Alternative)策となるのか ●ChromeによるサードパーティCookieブロック ●Googleがデータ違反金に耐え続ける体力はどこまで続くか

『MAD MANレポート Vol.60』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2019年11月)●ユニクロは店舗を増やしているか減らしているか  <データの概念 CCPA特集>●CCPAとGDPRの違いを探すよりも重要なこと、この時点で先回りをする視点を徹底解説 ●米国企業経営者が考える「企業のパーパス」に大変化 ●(余談)「軽いデータと重いデータ」の区分の再考 ●静かに進むCCPAガイドラインを超えるエリート産業 CCPA規範の例外データとは ●CCPAの本来の意義を把握し覚えやすく分解する ●落ち着いてCCPAに対処するデジタル広告業界

『MAD MANレポート Vol.59』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2019年10月)●気づかざるデータの魅力「Magic > Logic」 ●クロスメディア測定標準「100%画角で2秒」その先にあること ●<補足>「Duration Weighted Viewable Impression」という考え方が抱える課題と計算例 ●データとは「規制」基準で付き合うのではなく、まずは自分の「あり方」を再考する ●DNVB買収ブランドを手放すWalmartとvMVPD事業を売却するソニー。共通する出来事とは

『MAD MANレポート Vol.58』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2019年9月)●日本のメディアが触れない企業事情 MITメディアラボの教訓から、日本企業の「お墨付き」デジタル投資の解消へ ●CPG販売における小売店舗の衰退の原因はAmazonにあらず、●経済インパクトの大きさ 「データドリブン」「データの利活用」の処方

『MAD MANレポート Vol.57』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2019年8月)●「ソーシャル・クレジットスコア」という名の見えない「パワーデーター」 ●情報銀行を信用するか、アップルか、グーグルかそれとも・・ ●「わたし」のデータの救世主のような「サイン・インWITHアップル」 ●実経済を支えているシェアリング・エコノミーが抱える赤字