エリアアロケーション〜人口分布比較グラフ(性・年齢)〜

エリアアロケーション・コンサルティングの中で使用するデータから「人口分布比較」のグラフをいくつかご紹介します。

①全国(合計)と東京都
②東京都と大阪府
③全国(合計)と静岡県
④東京都と山口県

データ元:平成30年1月1日住民基本台帳年齢階級別人口(都道府県別)(総計)

エリアアロケーション参考例 〜①軽自動車 ②ビール飲料 ③デモグラ別〜

①軽自動車の場合
軽自動車(乗用)の新車販売での参考例です。2018年1月〜12月の軽自動車新車販売台数(一般社団法人 全国軽自動車協会連合会調べ)とターゲット人口(20〜69歳男女に仮定)、テレビCM投下コストのそれぞれのシェアを比較したものです。

ここでは全エリアに世帯1,000GRP(関東地区は個人全体約510GRP)で試算をしています。人口シェアに対して、首都圏エリアを除きほぼスライドしてテレビCMも投下されています。しかし、販売台数シェアと比較すると、十分なエリア毎の適正配分は行われておらず、市場規模に対して順応できていない可能性が高くなります。

『MAD MANレポート Vol.50』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2019年1月)●エージェンシー・ランキングの大変動と概念のシフト 前篇:旧大手は、既存ブランドへのサービスに縛られ縮小均衡 後篇: 新興エージェンシーは「ファーストパーティー・データ」へのフォーカス ●コンテンツ・ビジネスによる「紙芝居モデル」が広がる ●「コンマリ」が示す、Netflixが求む「ローカル・コンテンツ」の金鉱 ●携帯キャリアの持つユーザー・データは、有効な1stパーティ・データなのか ●Walmart:投資はITインフラへ、そのマーケティングはタレントCMで

データ活用戦略の推進に特化した専門子会社 「株式会社ビーアイシーピー・データ」設立・創業のお知らせ

このたび、株式会社デジタルインテリジェンス(東京都渋谷区、代表取締役:横山隆治、以下DI.)は、株式会社ベストインクラスプロデューサーズ(東京都渋谷区、代表取締役社長:菅恭一、以下BICP)、エクスチュア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:原田憲悟、以下エクスチュア)、との3社合弁により、顧客中心型マーケティングにおけるデータ活用戦略を推進する専門子会社、株式会社ビーアイシーピー・データを設立、創業しましたので、お知らせいたします。

デジタルインテリジェンスとカタリナ マーケティング ジャパンが提携|テレビCM×デジタル広告×インストアクーポンを統合したマーケティング投資の最適化提案サービスを開始

株式会社デジタルインテリジェンス(本社:東京都渋谷区 代表取締役:横山隆治 以下DI.)とカタリナ マーケティング ジャパン株式会社(所在地:東京都港区 代表取締役社長:花崎茂晴 以下カタリナは)、「テレビ・デジタル・リアル」の3つ領域での打ち手を統合して再構築するために両社で提携を行います。その提携の第1弾として、広告主のテレビCMとデジタル広告の統合した広告効果を最大化するために、全国37チェーンで「レジ・クーポン(R)」を直接配布できるネットワークを持つカタリナとの共同提供を開始いたします。

真の統合インプレッションを評価するCorrect View(コレクトビュー)の概念を提唱

株式会社デジタルインテリジェンス(本社:東京都渋⾕区 代表取締役:横⼭隆治 以下 DI.)、2015 年 12 ⽉より提供しているテレビ CM アクチャル到達補完型広告配信システム「CMARC®」(シーマーク、以下 CMARC)のコアアイディアであるテレビ CM の個⼈視聴率(個⼈ GRP)をインプレッション数に換算して、デジタル広告のインプレッション数と統合的に指標化する考え⽅をさらに進め、それぞれ⼈による視認可能な状態(ビューアブル)である指数を乗じて評価する「Correct View」(コレクトビュー、以下 Correct View)という概念を提唱し、テレビ CM×デジタル広告のアロケーションに関するコンサルティングサービスに活⽤いたします。

【8月1日開催】エージェンシー様向けデジタルマーケティングセミナー

エージェンシー様向け「デジタルマーケティングセミナー」開催
※本セミナーは応募多数のため申し込みを終了致しました!

デジタルトランスフォーメーションによって、企業のあらゆるバリューチェーンにおいてのデジタル化の恩恵を受けることが明確になりつつあります。当然、広告マーケティング領域においても、マーケターとそれを支援するエージェンシーをはじめとするサプライヤーが「デジタル化の本質」を認識し、その機能の見直しを迫られています。

デジタルインテリジェンスではこれまで広告主企業の方にのみ、デジタルマーケティング研究会を18回に渡り実施してきましたが、今回はエージェンシーの方向けに「今こそ必要な新たなスキル獲得」に関するセミナーを行います。

◆日時    2018年8月1日  17:00スタート

◆場所    恵比寿ガーデンプレイス4F スペース6会議室

テレビ×デジタル統合型ソリューション『CMARC®』と 楽天の提供する広告配信ソリューション「RMP – Cross Media Reach」が連携

株式会社デジタルインテリジェンス(本社:東京都渋⾕区、代表取締役:横⼭隆治、以下DI.)が提供しているテレビCM アクチャル到達補完型広告配信システム「CMARC®」(シーマーク、以下CMARC)は、楽天株式会社(本社:東京都世⽥⾕区、代表取締役会⻑兼社⻑:三⽊⾕ 浩史、以下「楽天」)が本日提供を開始した広告配信ソリューション「RMP – Cross Media Reach 」と連携しました。「RMP – Cross Media Reach 」では、TVCM キャンペーンのターゲットリーチ実態の可視化および、楽天のビッグデータを⽤いたデジタルでのターゲットリーチ補完を⽬的とした広告配信ソリューションです。