テレビCMの新時代が始まった。

テレビCMの第三の選択肢、ASS*(アドバンス スポット セールス)開始から2年、当初からこの新しいCMバイイング方法に注目し、2019年4月に「枠ファインダ」が採用されてからは実際にクライアントにもご活用いただいている。ただ、枠ファインダをそのまま利用するだけでなく、DI.独自の活用方法も模索してきた。当社はデジタルマーケティングのコンサルティングを生業としている。その中でテレビセカンドオピニオンとして従来の視聴率以外にも、サードパーティが提供する「CM視聴率」や「視聴質データ」など、幾つかの新しいテレビ視聴データを用いてこれまでに無い分析レポートやテレビCMの活用コンサルティングなどを数多く提供してきたからだ。

*ASSは2020年2月にSAS(スマート アド セールス)に名称変更(以下、SASと表記)

エリアアロケーションを考えてみる。

最近多くなってきたのが「テレビ×デジタルの最適アロケーション比率は?」というご相談です。しかし我々は、テレビCMとデジタル広告の最適なアロケーション比率を全国一律で最初に求めるのではなく、まずはブランドやキャンペーン毎に各エリアに対する広告予算のアロケーションが行われた上で、さらにテレビCMとデジタル広告の予算比率の最適化を行うべきという考え方を持っています。私も、全国均一にテレビ×デジタルの広告予算のアロケーションを行うことは少々乱暴であると常々アドバイスをさせていただいています。今回は「エリアアロケーション」をテーマにコラムをまとめてみたいと思います。

テレビCMとは〜視聴率とルールの話。

我々コンサルタントにとって、参考にするテレビCM視聴率の選択肢がいくつか増えてきています。視聴率と聞いて一番馴染みがあるのは「世帯視聴率」だと思いますが(昨夜の◯◯ドラマの視聴率は**%!などで見ますね)、テレビCMの世界ではこの世帯視聴率ではなくて「個人視聴率」が徐々に中心になってきています。また、録画して観られた「タイムシフト視聴率」も最近はよく耳にしますし、専門的には「CM視聴率」や「視聴質」というような指標も出てきました。

「テレビCMとは」を簡単にポンチ絵付きで解説しました。

SASプランニング・サンプルのご紹介

実際にSAS(スマート アド セールス)を活用したプランニングのご紹介です。比較したキャンペーンはCM視聴率のアクチャル計測データを使用し簡易分析、プランニングしたSASのCM枠は2020年5月に実際に購入できるものです。ただし、%コストは仮設定(想定数値)となっています。

ここでは2つのプランをご紹介していますが、

プラン1では%コスト(個人全体)を「140,000円」から「115,650円*」に約2割圧縮
プラン2では%コスト(個人全体)はややアップしますが、ターゲット%コスト(F1)では「143,045円」から「87,236円*」に約40%の大幅改善

しています。 

*シミュレーション値

すぐにお試し!「SASシンプルプラン」

テレビCMの第三の選択肢「SAS(スマート アド セールス)」をすぐにお試しいただける「SASシンプルプラン」(簡易パッケージ)*のご紹介です。

もちろん、SASはプランニングは自由自在、欲しい時に、欲しいモノを、欲しい分だけバイイングできることがその魅力ですが、「まずは簡単にSASを試してみたい」「できるだけ素早く直近枠を買い付けたい」「面倒なプランニングは一度使って見てから」など、今すぐにSASを試して見る、わかりやいパッケージプランを揃えてみました。(SASシンプルプラン100、200、500、700)

第三のテレビCM『SAS(スマート アド セールス)』とは

『SAS(スマート アド セールス)』は 、2020年2月より旧ASS(アドバンス スポット セールス)から名称変更し、また日本テレビ以外にも、テレビ東京、フジテレビ、TBSの3局が新たに参加して再スタートをしました*。従来の番組提供やスポットCMに続く、テレビCMバイイングの「第三の選択肢」として2020年とても注目を浴びています。

*関西地区は読売テレビ、名古屋地区は中京テレビ、北部九州地区は福岡放送が参加

DI.では、これまでコンサルティング契約企業に個別に提供してきた「テレビ視聴データ活用」「TVセカンドオピニオンサービス」「GAP(グロス・アテンション・ポイント®)」「エリアアロケーション・コンサルティング」などのノウハウを統合して独自視点でのSASをご提供しています。

GALAC 2020年3月号特集「劇変!視聴率 変革!広告ビジネス」へ寄稿

「GALAC」(放送批評懇談会)の2020年3月号の特集「劇変!視聴率 変革!広告ビジネス」にデジタルインテリジェンスからも2記事を寄稿しております。本号は、テレビ視聴データに関するとても有用な最新情報特集となっておりますので、ぜひご一読ください。

広告主様限定『ASS(SAS)活用研究会』を毎月開催中!

2019年4月より新システム「枠ファインダ」がスタートした日本テレビのASS(アドバンス スポット セールス)。番組提供、スポットCMとも異なるテレビCMバイイングの第3の選択肢として、今とても注目を浴びています。

「名前は聞くけど詳しい情報がない」「具体的にどんな枠があるのかな?」「%コストが高いと聞いたけど本当は?」「実際のシステム画面を見てみたい」など、広告主の皆さまからいただくご質問にご回答したり、今後の活用方法を一緒に検討したりする『研究会』(共有・勉強の場)を毎月開催しています。*参加費無料

参加をご希望の広告主様は下記までご連絡をお待ちしております。

最新刊『マーケティングのデジタル化5つの本質』(宣伝会議)11/11発売!

デジタルインテリジェンス代表取締役の横山隆治、ニューヨークオフィス代表の榮枝洋文、インティメート・マージャー代表取締役社長の簗島亮次氏による最新刊『マーケティングのデジタル化5つの本質』(宣伝会議)が2019年11月11日に発売となります。