ユーザーの態度変容測定からシナリオ配信設計およびKPI設定までをワンストップで 行う分析パッケージ「ユーザー・シーケンス分析 Libra(リブラ)」の提供を開始

2014年2月27日
株式会社デジタルインテリジェンス

株式会社デジタルインテリジェンス(本社:東京都渋谷区 代表取締役:横山隆治 以下DI.)は、株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区 取締役社長:大竹秀彦 以下カンター・ジャパン)及び、Fringe81株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:田中弦 以下Fringe 81)と共同でユーザーの態度変容測定からシナリオ配信設計およびKPI設定までをワンストップで行う分析パッケージ「ユーザー・シーケンス分析 Libra(リブラ)以下Libra」の提供を開始いたしました。

企業のマーケティング活動において、ユーザーへのアンケートデータを基にした、TVCMとデジタル広告の投資配分モデルの検討や、デジタルマーケティング施策におけるユーザーの態度変容の測定が重要性を増す中で、効果測定に止まることなく、分析結果に基づいた次のアクションをプランニングし、効果を最大化していくことが求められてきています。しかしながらこれまで、インターネット分野におけるユーザー行動解析ツールと、モニターを活用したインターネットリサーチの分野では提供会社が異なることが多く、分析内容もそれぞれ分断され、マーケティング担当者は全体観を持った分析を行うことが難しい状況でした。

このような背景のもと、DI.では、カンター・ジャパンの提供するユーザーアンケート回答データとFringe 81の提供するユーザー行動ログを連携し、ユーザーデータをシングルソース化することで、態度変容の計測から、デジタル施策における、サイトの導線やターゲットごとの訴求内容の評価まで総合的に把握し、シナリオ配信設計などの次のアクションを幅広い視点からプランニングすることを可能にする分析サービスを実現しました。「Libra」では、以下の3つをワンストップで分析し、ターゲットごとにレポーティングすることが可能となります。

  1. TVCMとデジタル施策の影響を加味した、認知→意向→購買までの態度変容を計測
  2. ブランドメッセージの浸透度や、ブランドロイヤリティの計測
  3. 分析データに基づいたデジタル施策におけるシナリオ配信設計

【レポートイメージ】

libraDI.では、これまでTVCMとデジタル広告のアロケーションモデル、広告接触者のリーチ、広告認知、購入意向などの態度変容を調査測定する知見、およびデジタルにおけるユーザー行動を分析する知見を蓄積してきました。カンター・ジャパン及び、Fringe81の協力を経て、ユーザーのアンケートデータと行動データをシングルソース化することで、これらの知見を統合した、分析パッケージ「ユーザー・シーケンス分析 Libra(リブラ)」を2014年2月26日より3社共同でリリースし、これまで以上に多くのクライアントさまに向け、深い分析をスピーディーに提供していきます。

【カンター・ジャパンのアンケート調査について】
カンター・ジャパンは、バナー広告によるユーザーの態度変容(ブランド効果)を計測するアンケート調査(名称:「アドインデックス・ダッシュ(AdIndex Dash)」)を実施しています。この調査の最大の特徴は、結果をリアルタイムに把握できるところです。調査では、広告素材(クリエイティブ)や広告の位置・大きさなどによるユーザーの態度変容(ブランド効果)の高低を明らかにします。この結果は、ブランド効果の低いクリエイティブを別の素材に差替える、広告配信先を効果の高いウェブサイトに集中させるなどの広告主の意思決定に使われています。

【Fringe81のユーザー行動ログについて】
分析元データは、Fringe81が管理・運営する第三者配信サーバ「digitalice(デジタリス)」を用いて取得しています。広告配信データ及びサイト回遊データを元に、ユーザーがいつ・どのような行動をしているかが匿名性を保ったままで収集・分析可能です。サイトに来訪していない広告接触ユーザーの行動が出力できるので、サイト来訪/未来訪を問わずアンケートする場合は分析に適したデータが取得できます。

【Libra(リブラ)のロゴ】
libra2ユーザー・シーケンス分析 Libra(リブラ)の由来について
Libra(リブラ)とは、ラテン語で天秤を意味し、天秤座の語源となっています。あらゆる角度からユーザーを比較・分析することで、ターゲットユーザーにあったシナリオを作成していく分析パッケージのため、比較測定する計測器である天秤を意味する、Libra(リブラ)と名付けました。

 

【カンター・ジャパン会社概要】http://www.kantar.jp
kantar社  名:株式会社 カンター・ジャパン(KANTAR JAPAN)
代 表 者:大竹秀彦(取締役社長兼COO)
所 在 地:東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー6F・7F
事業内容: 市場調査およびそれに付随するアドバイザリー業務

 

【Fringe81会社概要】http://www.fringe81.com/
社  名:Fringe81株式会社
fringe81代 表 者:田中弦(代表取締役)
所 在 地:東京都渋谷区道玄坂1-18-3 プレミア道玄坂ビル 4F
設  立: 2005年4月5日
事業内容: デジタルマーケティングサービス事業
・タグマネジメントツール
・第三者配信アドサーバー
・アトリビューション分析/コンサルティング
・デジタルコンサルティング事業
・クリエイティブオプティマイゼーション事業
<Fringe81代表者プロフィール>
千葉大学卒業後、ソフトバンク入社。以来14年にわたり一環して新しいネットビジネスを創ってきた。ブロードキャスト・コムジャパン(現ヤフー動画)、ネットイヤーグループ、モバイル広告代理店など、これまでに4社の創業に関わっている。先日、趣味のカメラ好きが講じて会社のCCO(チーフカメラオフィサー)にも就任する事になった。

 

この件に関するお問い合わせ:
株式会社デジタルインテリジェンス
email:info@di-d.jp
Tel:03-6416-9879