『MAD MANレポート Vol.58』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2019年9月)●日本のメディアが触れない企業事情 MITメディアラボの教訓から、日本企業の「お墨付き」デジタル投資の解消へ ●CPG販売における小売店舗の衰退の原因はAmazonにあらず、●経済インパクトの大きさ 「データドリブン」「データの利活用」の処方

『MAD MANレポート Vol.57』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2019年8月)●「ソーシャル・クレジットスコア」という名の見えない「パワーデーター」 ●情報銀行を信用するか、アップルか、グーグルかそれとも・・ ●「わたし」のデータの救世主のような「サイン・インWITHアップル」 ●実経済を支えているシェアリング・エコノミーが抱える赤字

『MAD MANレポート Vol.56』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2019年7月)●S4 Capitalの儲け方:ファーストパーティー・データの起点はどこか
●Anomalyのユニークなトップダウン経営の事例 ●エージェンシーモデルの4つの仕分け ●エージェンシーの「コミッション」「フィー」「成果報酬」の比率は ●エージェンシーとクライアントが折り合う「成果報酬」の基準 ●コンサルティングのエージェンシー業界への拡大と淘汰 ●補強ではないエージェンシーの人材の確保 ●「オペレーティング・マージン」という指標 ●「スケール化」と称するマーケティング・プロセスの変化 ●アマゾンがついに「不動産売買」サイトへ進出 スマートホームをIoT窓口から「人」を窓口にする意図

『MAD MANレポート Vol.55』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2019年6月)●Facebookが「重いデータ」へ進出 仮想通貨「リブラ」がデータへの意識改革に後押し ●S4 Capitalマーティン・ソレル氏が説明するファーストパーティー・データ区分 ●デジタルトランスフォーメーション 復活したP&Gのインハウス化によるコスト10分の1は本当か

『MAD MANレポート Vol.54』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2019年5月)●「ファーストパーティー・データ」の誤解を解く ●それは重みのあるデータか、軽いデータか、再考 ●Amazonから遅れをとる「ディストリビューション」の概念 ●「テレビ」という単語が含む機会損失 ●Amazonリアル店舗の目、「Amazon GO」がニューヨークに開店。顔認証の合意とは<関連テーマをレビューする> ●「Amazonによるリアルの目」(2018年10月号) ●続々と登場する「無人レジ」スタートアップと「Amazon GO」の狙いの違い(2018年9月号) ●Amazonに追いつけないNIKE リアルとオンラインの顧客に対する哲学の差(2018年11月号)前編:NIKEが開店した五番街旗艦店が古く見える理由・後編:Amazonに勝てないと考えるNIKEと協調できると考えるApple ●携帯キャリアの持つユーザー・データは、有効な1stパーティ・データなのか(2019年1月号)

『MAD MANレポート Vol.53』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2019年4月)●<特別再編集号>「新たなディストリビューションパイプ」となるDNVB ●データ事業はマーケティング・サービス事業のコアか。第二弾 Publicisが買収発表した「Epsilon」から考察 ●「新しい人類のデータ」を、ファーストパーティー・データとして蓄積始めたブランド ●2019年、米TVアップフロントは。ますます単価の上がるテレビコンテンツ

『MAD MANレポート Vol.52』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2019年3月)● スマートシティの未来か:新マンハッタンの巨大都市開発「ハドソン・ヤード」の大実験 ● 店鋪起点のロケーション・データを「呼び込み」ツールではなく、 ブランドのLTVに活用する方法。Burger Kingのコーヒー・サブスク ● ブランド・セーフティーから派生した、新しいディストリビューション YouTubeのフィーを「中抜き」にした、配信パイプとしての利用 ● 通信環境「5G」の影響とは。俯瞰で見る2019〜2022ビジネス

『MAD MANレポート Vol.51』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2019年2月)●<特集別冊>IABが2年連続で追いかけるD2Cビジネス概観 ●着々とアンチ・アマゾン企業を束ねるマイクロソフト ●<日本事例の考察>「ハズキルーペ」は、データ・ビジネスを行っているか ●データ事業はマーケティング・サービス事業のコアか。WPPが調査・データ会社Kantarを切り離す意味

『MAD MANレポート Vol.50』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2019年1月)●エージェンシー・ランキングの大変動と概念のシフト 前篇:旧大手は、既存ブランドへのサービスに縛られ縮小均衡 後篇: 新興エージェンシーは「ファーストパーティー・データ」へのフォーカス ●コンテンツ・ビジネスによる「紙芝居モデル」が広がる ●「コンマリ」が示す、Netflixが求む「ローカル・コンテンツ」の金鉱 ●携帯キャリアの持つユーザー・データは、有効な1stパーティ・データなのか ●Walmart:投資はITインフラへ、そのマーケティングはタレントCMで

『MAD MANレポート Vol.49』広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2018年12月)●Walmartはデジタル・ネイティブ・ブランドを40企業、買収宣言 前編:WPPが出来てなくて、電通が出来ていること。Googleが笑う事。 後編:マーティン・ソレル新CEOが、水面下で再編するマーケティング組織●サブスクは「定額」使い放題から、「最低利用額の約束」+都度課金へ●コネクテッドTVに新しいCM技法=「静止ボタンCM(pause ad)」