広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く『MAD MANレポート Vol.50』(DI.ニューヨーク発行)

(2019年1月)●エージェンシー・ランキングの大変動と概念のシフト 前篇:旧大手は、既存ブランドへのサービスに縛られ縮小均衡 後篇: 新興エージェンシーは「ファーストパーティー・データ」へのフォーカス ●コンテンツ・ビジネスによる「紙芝居モデル」が広がる ●「コンマリ」が示す、Netflixが求む「ローカル・コンテンツ」の金鉱 ●携帯キャリアの持つユーザー・データは、有効な1stパーティ・データなのか ●Walmart:投資はITインフラへ、そのマーケティングはタレントCMで

広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く『MAD MANレポート Vol.49』(DI.ニューヨーク発行)

(2018年12月)●Walmartはデジタル・ネイティブ・ブランドを40企業、買収宣言 前編:WPPが出来てなくて、電通が出来ていること。Googleが笑う事。 後編:マーティン・ソレル新CEOが、水面下で再編するマーケティング組織●サブスクは「定額」使い放題から、「最低利用額の約束」+都度課金へ●コネクテッドTVに新しいCM技法=「静止ボタンCM(pause ad)」

広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く『MAD MANレポート Vol.48』(DI.ニューヨーク発行)

(2018年11月)●「広告フリークエンシー」をCFOが管理する危うさ その背景とは 前編:フリークエンシーの相場、最適解を求めて 後編:デジタル広告費のコスト効率化と企業経営の連動(再投資)●Netflixが「保険」と「処方箋薬」をサブスク提供する日●Amazonに追いつけないNIKE リアルとオンラインの顧客に対する哲学の差 前編:NIKEが開店した五番街旗艦店が古く見える理由 後編:Amazonに勝てないと考えるNIKEと協調できると考えるApple

広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く『MAD MANレポート Vol.47』(DI.ニューヨーク発行)

(2018年10月)■Amazonリアル店鋪の目、「Amazon 4-Star」が開店■(余談)さらに逆行する日本の流通企業の店鋪への信奉■巨人テクノロジー「IBM」がDSP「MediaMath」と手を組む流れと、エージェンシーへの影響と■テレビxデジタル エコシステム最前線:米国のテレビ番組視聴が続々とネット上で「無料」視聴に■(続)vMVPD「無料版」とは。TVエコシステムへのインパクトを考える

広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く『MAD MANレポート Vol.46』(DI.ニューヨーク発行)

(2018年9月)■続々と登場する「無人レジ」スタートアップと「Amazon GO」の狙いの違い■「映像コンテンツ+携帯回線」の放映・広告ビジネスに方程式はあるか。■日本の「広告・マーケティング」事業による米国進出の在り方■前編:サイバーエージェントとセプテニーがニューヨーク進出する意味■後編:博報堂の北米展開、近況

『MAD MANレポート Vol.45』広告・マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2018年8月)■「グローバル広告ホールディングス企業」のビジネスモデルWPP, Omnicom, Dentsu らから見るエージェンシーの次の道■眠りのショールーミング寝具の「Casper」による昼寝サロン「The Dreamery」から見る、リアル店鋪への偏重★<特集号>世界で成長する「ライブコマース」米国市場で注目される企業と、米国に進出する中国企業について

『MAD MANレポート Vol.44』広告・マーケティング業界の最新トレンドを紐解く(DI.ニューヨーク発行)

(2018年7月)■日本の西友を売却する米Walmartの判断、「既存顧客の総入れ替え」■広告インプレッション課金としてのIoTショールームに手を出して良いのか★<別冊レポート>『数値と図で見る、コネクテッドTVのトレンド再考』『コネクテッドTVの延長にある「AT&TによるTime Warner吸収」の意味』

広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く『MAD MANレポート Vol.43』(DI.ニューヨーク発行)

(2018年6月)■「Generation Y(ミレニアルズ)」から「Generation Z」へ そして「Generation α」をセットで捉える■Amazon・バフェット・JPモルガン銀行が構築する「同意(コンセント)」の輪■Walmartが開拓する「会話型」コンシエルジュ・サービスのチームとは
■マーケティングは「軍事用語」から離脱し、「家族用語」へ

広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く『MAD MANレポート Vol.42』(DI.ニューヨーク発行)

(2018年5月)■映画館をNetflix化させる「MoviePass」〜激化するサブスクリプション事業の「可能性」と「リスク」とは ■ECサイトは「物販品の検索サイト」にあらず ■TVCMに溶け込む「コネクテッドTV広告」の躍進 ■「コネクテッドTV広告」本業のVideologyが破産申告をする背景〜営業手法の心機一転 ■The Trade Desk(TTD)のコネクテッドTVを先読みした経営 ■「GDPR」が起点 「わたし」のデータ未来に期待されること

広告&マーケティング業界の最新トレンドを紐解く『MAD MANレポート Vol.41』(DI.ニューヨーク発行)

(2018年4月)■WPPマーティン・ソレルCEOの辞任〜コングロマリット経営の成り立ちとこれから <前・後編> ■インフルエンサーネットワーク as a Service(IaaS)  <前・後編> ■プライベートDMPがCDP(Customer Data Platform)に呼称シフト〜個人ID構築にエージェンシーグループも参戦 <前・後編> ★<別冊レポート>『企業マーケティングの礎(いしずえ)経済動向 バブル景気の傾向と現在位置』