ブランディング効果調査プログラム〜リアルタイムサーベイ「BERTS」の提供開始につい

2013年8月29日
株式会社デジタルインテリジェンス

株式会社デジタルインテリジェンス(本社:東京都渋谷区 代表取締役:横山隆治 以下 DI.)は、 株式会社オムニバス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:山本 章悟 以下オムニバス)と株式 会社チューブモーグル(本社:東京都品川区 代表取締役:狩野 昌央 以下チューブモーグル)の 3社共同で、ブランドKPIとして高速PDCA活用に堪えうるブランド効果測定プログラムである リアルタイムサーベイ「BERTS」(Branding Effects Real Time Survey)の提供を開始する。「BERTS」ではキャンペーン終了後にしか調査・把握できなかった従来のブランディング効果調査(広告認知率調査)とは一線を画し、キャンペーン進行に添ってリアルタイムでデータの把握 が可能となる。また調査対象のターゲティングが可能で、確実に広告接触者と広告非接触者を分けて意識調査をかけることができる。さらにマーケターが簡単に質問項目などを入力操作できるユー ザーインターフェースとなっている。

【「BERTS」活用の目的】

  • ネット動画広告接触者と非接触者の広告認知、ブランド認知、ブランド購入意向の差を、フリークエンシーごとに把握。最適化投下法、最適投下量を掴む
  • キャンペーン出稿とBERTSを並走させて、ネット動画広告のブランディング効果をほぼリアルタイムで把握し、キャンペーンの最適化(軌道修正)に活用する
  • 事前クリエイティブテストとして TV 大型出稿に備え、効果の最も期待できるクリエイティブ選択のために ターゲットに対してブランディング効果調査をする
  • クリエイティブ反応ファクター分析として 訴求ポイント、コピー、タレント、サウンドなどターゲットやタイミング別に重要な反応要素発見する

【アンケートバナー配信イメージ】

berts

【出稿・調査プラン:高速 PDCA イメージ】

berts2

【ブランド想起調査レポート例】今回のオンラインブランドキャンペーンを通じて貴社のブランド自然想起は89.37%のブランドリフトを実現することができました。結果として競合ブランドBを抜いて最も高い値を得ています。このクリエイティブとメッセージの組み合わせはNNNであり、TVCMでもこの組み合わせが有効である可能性が高い。

berts3

【エンゲージメント分析例】

berts5

【地域別広告視聴状況分析例】 大阪府におけるクリエイティブAのCTRはX.XX%からY.YY%に上がりました。ViewsもクリエイティブBに比較しZZ.Z%多く、近畿圏においては態度変容・CTRとも他のクリエイティブに比較しクリエイティブAが優れていると判断することができます。 質問内容:あなたが次に購入しようとしているXXXのブランドはどれですか?今回のオンラインブランドキャンペーンを通じて貴社のブランド自然想起は89.37%のブランドリフトを実現することができました。結果として競合ブランドBを抜いて最も高い値を得ています。このクリエイティブとメッセージの組み合わせはNNNであり、TVCMでもこの組み合わせが有効である可能性が高い。berts6

 

【オムニバス 会社概要】http://e-omunibus.cojp/
社 名:株式会社オムニバスberts7
代 表 者:山本 章悟 (代表取締役社長)
所 在 地:東京都渋谷区恵比寿南1-14-10 福隆ビル2階
設 立:2008年8月
事業内容:インターネット広告配信事業 マーケティングコンサルティング業

【チューブモーグル 会社概要】berts8
社 名:株式会社チューブモーグル
代 表 者:狩野 昌央 (代表取締役兼CEO)
所 在 地:東京都品川区西五反田1-23-7 五反田シティトラストビル 9 階
設 立:2012年8月
事業内容:国内における動画配信プラットフォーム提供事業

 

この件に関するお問い合わせ:
株式会社デジタルインテリジェンス
email:info@di-d.jp
Tel:03-6416-9879