データエクスチェンジコンソーシアム〜2016年度分科会のお知らせ

dxc

2016年6⽉6⽇
株式会社デジタルインテリジェンス
(データエクスチェンジコンソーシアム有限責任事業組合)
(データセクション株式会社)

株式会社デジタルインテリジェンス(本社:東京都渋⾕区 代表取締役:横⼭隆治 以下 DI.)および、データセクション株式会社(本社:東京都渋⾕区、代表取締役社⻑:澤 博史、以下データセクション)が運営するデータエクスチェンジコンソーシアム(以下:DXC)にて、2016 年度に開催する分科会の編成が定まりましたので、お知らせいたします。次に挙げる 4 つの分科会を開催いたします。

【分科会の編成】
1.⼈材育成分科会
既存のプロジェクト管理体系をもとにデータ分析プロジェクトのステークホルダーとその役割を洗い出したうえで、ビジネス部署のプロジェクトマネージャの視点に⽴ち、データ分析の依頼・評価・⽅針決定のポイントを体感的に学びます。

2.個⼈情報保護分科会
1.匿名化⼿法、2.社外・越境データ流通、3.レピュテーションリスクの 3 テーマを取り上げ、ゲスト講師をお招きした共同勉強会を⾏います。産学官それぞれにどういった議論がなされているかを概観し、プライバシー保護に関する⺠間版ガイドライン案の作成を⾏います。

3.データ流通プラットフォーム分科会
データエクスチェンジに関連する海外動向・先端事例の共有会です。企業間データ連携におけるビジネスモデルやデータ流通形態の類型化を⽬的とします。開催テーマは会員企業様からのご意⾒をもとに定めます(Big Data, IoT, AI, Data Blending や Data Federation 等を想定)。

4.実証実験分科会
今期も企業間データ連携を促進するための企画・検討の場を提供いたします。経済産業省補正予算事業で⽴ち上がったチームなど、昨期までの取り組みを継続してご⽀援します。また、新たに分科会を開きたい企業様のご参加・ご連携も歓迎します。第 1 回全体会でのアイデア募集をもとに、開催テーマを定めます。

【設⽴の背景】
(1)企業データ流通の課題は、社内の組織・ルール作り
(2)分析担当者と企画担当者への負荷集中が起きやすい
(3)先端的な分析課題よりも、実務上の頻出問題を解決すべき
(4)データ流通プラットフォームの「仕組み化」が急務

(1)企業データ流通の課題は、社内の組織・ルール作り
弊会では 2015 年に、経済産業省からの委託事業を⾏うなかで、「⽇経ビッグデータ」読者向けにWeb アンケート調査を⾏いました。その結果、⽇本企業におけるデータ流通の課題意識は、社内ルールの整備や権利処理、パーソナルデータ保護、⼈材育成にあると分かりました。弊会が過去に⾏った分科会のなかでも、同質の指摘がなされています。先進的な企業の社内では、従来からアンケート調査や Web ⾏動ログ分析、広告効果検証などが⾏われており、SNS や購買データ、地理空間データの試⾏的な導⼊も進む⼀⽅で、「データ取扱い規約や商習慣、稟議スピード、データ分析の考え⽅のちがいなどから、企業間のデータ連携が進めづらい」といった、⾝近な業務課題がよく聞かれます。

dxc1

この課題は、「データ分析にもとづく意思決定を⾏いたいのに、前提となるデータの取扱い⽅針がまとまらない」と要約できます。コンピュータを⽤いた社内業務の情報化・仮想化は 20 世紀半ばから続く潮流ですが、2000 年代半ばからビッグデータ、IoT、⼈⼯知能などの⽤語が産業界でも注⽬されるに⾄り、⺠間企業の社内業務においても何らかの⾰新・改善が求められていることは周知のとおりです。上述した社内課題を抱える企業であっても、将来の利益創出や業務効率化のために、新たなデータ活⽤事業をまったく⾏わないわけには⾏きません。

(2)分析担当者と企画担当者への負荷集中が起きやすい
多かれ少なかれ、企業によるデータ活⽤事業は、企画⽴案や社内の組織・ルール作り、データ処理・分析技術のインプット、データ取扱い指針の決定などと並⾏して⾏われざるを得ません。予算・期間の制約から、専任チームの組織化が進めづらく、結果として分析担当者と企画担当者への負荷集中が起きることも容易に想像されます。

dxc2

(3)先端的な分析課題よりも、実務上の頻出問題を解決すべき
この視点に⽴つなら、オープンイノベーションへの憧れやデータサイエンティストへの期待、⼈⼯知能ブームの訪れは、事業担当者が⽇常的に抱える悲嘆の裏返しであるとも⾔えます。弊会では、2014年4⽉から2年に渡って、多様なデータを持つ企業のさまざまな業務課題を洗い出すべく、複数の検討テーマによる分科会を開催して参りました。そのなかで得られた帰結は、それ⾃体さほど⽬新しいものではありませんでした。解決すべき課題は、産業、企業、実務のどの⾯から⾒ても、実にありふれたものばかりです。端的にいえば、データ活⽤産業の成⻑を阻んでいるのは、先端的な分析課題よりも、実務上の頻出問題です。
具体的には、コミュニケーション・コストの増加、分析⽀援サービスの不⾜、システムの安全確保、データ活⽤企画のマネタイズ、社内データのサイロ化、ルール・組織の整備、ビジネスリソースの管理、オペレーション業務の煩雑さ、実務知識の習得難易度などが挙げられます。

dxc5

(4)データ流通プラットフォームの「仕組み化」が急務
上述した頻出問題を解消するために、⽇本国内におけるデータ流通プラットフォームの「仕組み化(Structuring)」が急務であると弊会は考えます。2016 年度のデータエクスチェンジコンソーシアムでは、⼈材育成、個⼈情報、データ流通、実証実験の 4 系統で分科会を編成し、参加企業のみなさまが社内のデータ活⽤体制を「仕組み化」するための検討・協議の場をご提供いたします。

dxc4

この件に関するお問い合わせ:
データエクスチェンジコンソーシアム有限責任事業組合
e-mail:info@data-xc.jp
本リリースについて:
プレスリリースに掲載されている、サービス内容、価格、その他の情報は、発表⽇現在の情報です。その後、様々な要因から予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

 

dxcデータエクスチェンジコンソーシアム有限責任事業組合について
【会社概要】
社 名:データエクスチェンジコンソーシアム有限責任事業組合
職務執⾏者:横⼭ 隆治(株式会社デジタルインテリジェンス 代表取締役)
職務執⾏者:林 健⼈(データセクション株式会社 取締役 COO)
所 在 地:東京都渋⾕区渋⾕2-17-2 太陽⽣命渋⾕ビル 7 階
設 ⽴:2014年3⽉
事業 内容:データエクスチェンジコンソーシアムの運営
URL:http://www.data-xc.jp/

 

データセクション株式会社について
【会社概要】
社 名:データセクション株式会社(東京証券取引所マザーズ市場:証券コード 3905)
代 表 者:代表取締役社⻑ CEO 澤 博史dxc3
所 在 地:東京都渋⾕区渋⾕2-17-2 太陽⽣命渋⾕ビル 7 階
設 ⽴:2000年7⽉
資 本 ⾦:511,600千円
事業内容:SaaSサービス事業/リサーチコンサルティング事業/ソリューションサービス事業
URL:http://www.datasection.co.jp/http://www.datasection.co.jp/